KENT-WEB サポートコーナー 過去ログ [ 0327 ]


記事No: 5890
投稿日: 2009/05/30(Sat) 10:55:53
タイトルWeb Protectについて
ID情報: nod1222
投稿者: natsuki
URLhttp://www.morinaga-natsuki.com/

お世話になっております。

ログインをすると認証トップページのsecret.htmlに飛びますが、
secret.htmlにはとばず、違う隠しページを表示することは可能でしょうか?もし可能なら、アドレスなどの書き込み例をご教授いただけると幸いです。

追伸:CGIに一度飛ぶと、隠しページに戻れず、認証エラーになってしまいます。

よろしくお願いします。


記事No: 5899
投稿日: 2009/06/01(Mon) 22:41:42
タイトルRe: Web Protectについて
ID情報: teketen
投稿者: てけてん

> secret.htmlにはとばず、違う隠しページを表示することは可能でしょうか?

設置構成をパターン2で行っていて、secret.htmlに直接アクセスして欲しくないから、別の名前にしたいということですか?
それなら、secret.htmlを別な名前に変更して、設定でその名前を指定して下さい。
または、隠しページが1ページしかないので、そのページを直ぐに表示させたいということですか?
それなら、そのページの名前をsecret.htmlに変更するか、設定でsecret.htmlではなくそのファイル名を指定して下さい。

どちらでもないなら、どのような事をしたいのか、もっと詳しく説明して下さい。

> 追伸:CGIに一度飛ぶと、隠しページに戻れず、認証エラーになってしまいます。

http://www.kent-web.com/pwd/protect.html
解説ページの「ジャンプ先がCGIの場合」を、確認していますか?


記事No: 5906
投稿日: 2009/06/02(Tue) 21:49:21
タイトルRe^2: Web Protectについて
ID情報: nod1222
投稿者: natsuki
URLhttp://www.morinaga-natsuki.com/

説明が足りず申し訳ありません。
secret.htmlを別の名前にかえたいのではなくて、
〆能蕕縫蹈哀ぅ鵑靴燭箸にsecret.html
⊆,縫蹈哀ぅ鵑靴燭箸に隠しページのsecret.html以外のページを表示
という順でログインした回数によって表示するページを変えたいのです。

追伸で書かせていただいた補足ですが、

最初は隠しファイルのトップページである secret.html に一旦ジャンプさせ、secret.htmlにあるCGIファイルへのリンクをクリックさせてジャンプさせます。

のように設定をしました。ジャンプしたのはメール送信フォームです。メール送信がおわり、そこに隠しページへのリンク(secret.htmlではないページ)をはったのですが、そこでリンクをクリックすると認証エラーがでてしまいます。

お手数をおかけいたします、よろしくお願いします。


記事No: 5909
投稿日: 2009/06/03(Wed) 17:32:15
タイトルRe^3: Web Protectについて
ID情報: teketen
投稿者: てけてん

> (2)次にログインしたときに隠しページのsecret.html以外のページを表示

というのが、
> メール送信がおわり、そこに隠しページへのリンク(secret.htmlではないページ)をはったのですが、そこでリンクをクリックすると認証エラーがでてしまいます。
のことと判断しました。

以下の修正を行ってみてください。
2回目の訪問でも、ログインフォームから普通にログインした時は、secret.htmlの内容を表示します。
不具合がある場合は、元に戻してください。
改造は、自己責任にてお願いします。

protect.cgi

#-------------------------------------------------
# 認証処理
#-------------------------------------------------

にある、

# クッキー格納
if ($mode eq 'enter') {
$time = time;
if ($in{'cook'} eq "") { $in{'cook'} = 0; }
&set_cookie($in{'cook'}, $time);
}



# クッキー格納
if ($mode eq 'enter') {
$time = time;
if ($in{'cook'} eq "") { $in{'cook'} = 0; }
&set_cookie($in{'cook'}, $time);
} else {
my $time = time;
my ($id,$pw,$tm) = (get_cookie())[0,1,3];
$cooklimit ||= 1;
if($time - $tm < $cooklimit*3600) {
$in{'id'} ||= $id;
$in{'pw'} ||= $pw;
}
}

に変更して下さい。
そして、設定部分に

# クッキーを使って、ユーザーIDとパスワードの情報のないリンクやフォームから、隠しページに移動できる有効時間を指定
# 単位は、時間。
# 有効時間は、最後にログインページからログインした時間から数えます。
$cooklimit = 1;



隠しページへの戻り先は、
<a href="http://サイトアドレス/protect.cgi?page=1">戻る</a>
のようにリンクを張って下さい。

クッキーを利用していますので、必ず一度ログイン画面よりログインする必要があります。
クッキーを無効にしているブラウザや、セキュリティソフトでクッキーを遮断している環境では、認証エラーがでます。


# ○付き文字は、機種依存文字なので、ネットでは使わないようにして下さい。


[検索ページ]